ニュース

iPhone14発表!13との違いは? 無印は微進化、Proは新SoCで処理性能向上。Touch IDは今回も復活なし。

日本時間2022年9月8日(現地時間7日)、米Apple社はiPhone新モデルとなる

「iPhone 14」「iPhone 14 Plus」「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」を発表しました。

iPhone 13 にあった「mini」がなくなり、8以降久々に液晶サイズの大きい「Plus」が追加されました。

「iPhone14」13シリーズとの違いは?

SoCはPro/Pro Maxのみ進化

まず無印の「iPhone14」に関しては、SoC(プロセッサ)もA15 Bionicのまま進化がありませんでした。

ただし13の4GPU版ではなく13 Proで使われた5GPU版搭載となっているので、わずかには改善していますが。

「iPhone14 Pro/Pro Max」はA16 Bionicに刷新されています。

しかし発表を見る限り、劇的な処理能力進化というわけではなさそうです。

カメラは暗所撮影能力がアップ

「iPhone14」のカメラは暗所での撮影能力が38%改善、「iPhone14 Pro/Pro Max」は2倍改善したと謳っています。

「Pro/Pro Max」は4800万画素に対応。

また、iPhoneでは初めてオートフォーカスが導入されました。

Pro/Pro Maxはノッチが小型化

本体サイズ、液晶サイズは13からほぼ変化ありませんが、「iPhone14 Pro/Pro Max」は液晶上部のノッチが小型化されました。

Lightningは継続、Touch ID復活もなし

一部で噂されたLightning廃止して完全ポートレス化や、指紋認証の復活はありませんでした。

衛星通信機能がつくも、日本での展開は不明

もう一つ、緊急通報が可能な衛星通信機能が追加されたのですが、日本で運用されるかはまだ未発表です。

全体に劇的な進化とは言い難い

発表を見た印象としては、iPhone13シリーズのブラッシュアップといった感じで、大幅な進化は感じませんでした。

iPhone13からiPhone14への乗り換えは微妙

特に「iPhone 13」から「iPhone 14」への乗り換えはインパクトが弱いように感じます。

「iPhone 13 Pro/Pro Max」から「iPhone 14 Pro/Pro Max」はSoC(プロセッサ)の進化に、暗所撮影や画素数のカメラ性能向上もあるため検討しても良さそうです。

iPhone13とiPhone14の価格差は現状少ない

一方「iPhone 12シリーズ」などから乗り合える場合、iPhone 13と14の価格差は現状わずかなので、どうせ乗り換えるならば14シリーズに乗り換えるのが良いでしょう。

ただ、13シリーズは型落ちとなるため今後値下げや、代理店が大幅割引になるキャンペーンを打つ可能性も大いにあります。

そうしたチャンスを活かしてひとまず13に乗り換え、15を待つ……という選択肢もあるでしょう。

 

iPhone14シリーズも2万円値引き!のキャンペーン情報はコチラ


【2022年12月6日更新】今だけiPhone13が実質24円、iPhone14も値引き。一括1円機種も充実―― ソフトバンクに新規&乗り換えキャンペーン

Web代理店で現在開催中の耳よりキャンペーン情報 スマホ乗り換え.comのスマ割一覧 \iPhone14も値引き or キャッシュバック!/ 機種変でも! 全機種 5千円キャッシュバック ソフトバンク ...

iPhone14シリーズの予約日、発売日は

予約開始は9月9日21時から、発売は「Plus」以外が9月16日、「Plus」が10月7日です。

 

-ニュース

© 2022 ソフトバンクに乗り換えて安全にキャッシュバックを貰う方法―ソフ安