■ソフ安■ソフトバンク乗り換えまるわかりガイド

ソフトバンクに乗り換えて安全にキャッシュバックを貰う方法―ソフ安

2019年10月1日に改正された総務省令により、スマホの契約、乗り換えに関して、以前のような高額キャッシュバックはできなくなりました。

現在は回線契約に伴う値引き/キャッシュバックは上限2万円までと定められたのです。

有料オプションなどを強制することでキャッシュバックを上乗せしてみせているショップもあるかも知れませんが、法に従っていれば上限2万円。

上限額は変わらないため、契約ショップ選びのポイント

  • 自分の住んでいる地域で使えるか
  • 省令上限である2万円もらえるか
  • ポイントではなく現金でもらえるか
  • キャッシュバックの支払いが速いか
  • きちんとキャッシュバックが支払われるか(実績・信頼性があるか)
  • 余計なオプションを強要されないか

といったあたりに絞られます。

そこで当記事では、ソフトバンクのスマホに契約(新規/乗り換え)することで

  • 2019年現在も全国どこでも一律で
  • 2万円の現金キャッシュバックを
  • 契約からひと月以内にもらえ
  • キャッシュバック支払い実績が豊富で
  • 有料オプションや外部コンテンツも強制されない

WEb代理店を厳選して紹介していきます。

 

新規契約も対象!現在開催中のキャッシュバックキャンペーン情報はコチラ


【2019年12月7日更新】ソフトバンクへの乗り換えキャンペーン情報

特別キャンペーン実施中! Web代理店で現在開催中の耳よりキャンペーン情報 【乗り換え・新規問わず! 全機種 2万円キャッシュバック】 ※Web代理店大手、おとくケータイ.netとスマホ乗り換え.co ...

2019年現在、乗り換えキャッシュバック特典がもらえるショップは?

MNP乗り換え手続きをしてくれるショップは、大きく分けて4種類あります。

●キャリアショップ(含直営店)
●量販店
●併売店
●Web代理店

それぞれの詳しい特徴は後述します

最新のiPhoneを確実に発売日に手に入れたい!

といった理由でない限りは、直営店・街のキャリアショップで契約するメリットはありません。

直営店・街のキャリアショップで付く正規のキャンペーン特典はその他のどの代理店で契約しても付く上に、代理店で契約すればキャッシュバックなどその店舗独自の特典が追加されるからです。

アフターサービスに関しても、正規品を扱っている代理店であれば購入後のアフターケアは直営店や街のキャリアショップに持ち込んでも同じように対応してくれるため、差がありません。

 

では、代理店の中では量販店、併売店、Web代理店どれがいいのでしょうか。

実店舗型代理店の場合

  • 現金ではなくその店のポイントで還元される
  • 不要な外部有料コンテンツを10個も20個も付けさせられる
  • 詳しい条件は来店して初めて説明される

といったケースも非常によくあります。

テナントにかかる家賃、光熱費、人件費などが多くかかる分、利益を上げる条件がシビアで店員にもノルマが課せられていたりするので、色々とオプションを薦めてくるケースも多々あるのです。

 

そこで、上記の中では

・現金でのキャッシュバックがもらえ

・外部コンテンツなどの付帯条件が少なく

・条件を電話やメールで確認でき

・訪店不要で待ち時間のない

Web代理店での乗り換えが利用者側にもっともメリットが大きいと考えます。

乗り換えならWeb代理店がおすすめ

 

ただし、Web代理店にも

「直接実機に触れられない」
「新機種が郵送で届くため、数日~1週間ほどかかる」

という弱点があります。

そのネックが許容できるかどうかですね。

(スマホ自体やアフターケアに関してはキャリアショップで購入したものとまったく変わりません)
実機を直接触って確認したい場合は、公式ショップや量販店さんには申し訳ないのですが、店舗で実機に触れて目星をつけた後、条件のいいWeb代理店で乗り換えるのも賢い方法です。

それでは、2019年現在おすすめのWeb代理店をご紹介します。

 

迷ったらここが鉄板! Web代理店ランキング

「外部コンテンツ不要」で「現金キャッシュバック」のつくWeb代理店をピックアップ。
乗り換え代理店ランキング

実績と対応の安心感ならココ! おとくケータイ.net

おとくケータイ.net

おとくケータイ.net
9年の歴史がある老舗代理店。累計30万件の乗り換え実績があります。
その月にソフトバンクモバイル社にクレームが1件も届いていないことが最低条件となる月間お客様満足度No.1評価もたびたび獲得するなど、安心感は抜群です。
ソフトバンクとの良好な関係から販路が強いため、iPhoneなど新商品の入荷数も豊富。
またクレジットカード払いの場合、書類郵送の必要もなく、Webのフォーム記入で契約可能。自宅で完結できます。
契約手順のサポートの手厚さも売りで、順を追って丁寧に教えてくれますので「番号そのまま乗り換えるにはなにが必要でどうすればいいの?」という人も安心です。

キャッシュバック時期

通信開始日の日付が1日~15日 → その月の月末に現金振込。 16日~31日 → 翌月の15日に現金振込。 契約書類もWebフォームから提出可能。

 

キャッシュバックの早さが魅力! スマホ乗り換え.com

スマホ乗り換え.com

ネット乗り換え、店舗での乗り換え両方に対応しているWeb代理店です。
(ケータイ乗り換え.com名義も同会社)
なんと言ってもキャッシュバックの早さが魅力。
ネット申し込みなら原則、通信開始日の翌週末に現金振り込み。
訪店して契約ならその場で受け取れます。
(実店舗は東京・池袋、大阪・難波の2店舗。
以前は京都、名古屋、福岡にも実店舗がありましたが、ネット強化のために縮小。)

キャッシュバック時期

訪店して在庫がある場合は即日、オンライン契約は原則、通信開始日の翌週末に現金振込
(契約者の振込書類提出が遅れたり、書類に不備があった場合は遅れることもあります)

 

現在は上記2店がトップ2かと思います。

以前は下記の代理店も紹介していたのですが、「キャッシュバックが遅い」「新機種が乏しい」といった理由で客が離れてしまったのか、現在は閉鎖しています。

 

キャッシュバックの遅さがネック! SMART PHONE STORE

SMART PHONE STORE

※SMART PHONE STOREは2019年11月30日にサイト閉鎖しました。

 

わかりやすいが新機種は乏しい スマホのりかえ市場

スマホのりかえ市場

※スマホのりかえ市場は2019年4月25日にサイト閉鎖しました。

おとくケータイ.netとスマホ乗り換え.comで現在開催中のキャンペーン情報


【2019年12月7日更新】ソフトバンクへの乗り換えキャンペーン情報

特別キャンペーン実施中! Web代理店で現在開催中の耳よりキャンペーン情報 【乗り換え・新規問わず! 全機種 2万円キャッシュバック】 ※Web代理店大手、おとくケータイ.netとスマホ乗り換え.co ...

 

ソフトバンクへの乗り換えキャッシュバック特典はいくらもらえる?

乗り換えキャッシュバックの相場は
では、Web代理店を利用した場合、キャッシュバックはいくらくらいもらえるのでしょうか?

 

もちろん機種や時期によっても異なってくるのですが、大体4万円前後くらい……だったのですが、冒頭で紹介した通り2019年10月1日からの新ルールによりキャッシュバックや値引きの上限が2万円までになりました。

また、キャッシュバックではなく機種代値引きで対応するショップやキャンペーンもあります。

 

一方、明るい情報としては、以前はキャッシュバックが出るのは他社からのMNP乗り換えに限る、というケースが多かったのですが

新ルール施行以降
新規契約でも同様に2万円のキャッシュバックがもらえる
ことが多くなりました。

 

もし、電話番号が変わってもいいのであれば現在ソフトバンクを使用している人も、現在の回線を解約して新規に回線を契約し直すことで2万円のキャッシュバックを得ることができます。

機種変更よりもお得になることが多いですので、ぜひご検討ください。

 

「いやー、数万円キャッシュバックが付かないんじゃやっぱりキャリアスマホは高いよ
最新スマホとは言わないし、データ通信50GBとか要らない、2~3GBあればいいからスマホ代安く抑えたい……」

 

という方は、ソフトバンクスマホと使用感が近く、iPhoneも7まで使えるY!モバイルを検討してもいいかもしれません。

(Y!モバイルの契約であれば、最大2万円のキャッシュバックがもらえるこちらの代理店を通して契約するのがおすすめです。)

 

 

各キャリアの長期契約特典と乗り換えキャッシュバック、どちらがお得?

長期契約ユーザーにはメリットが少ない
本来は同じ携帯会社のサービスを長く使ってくれる顧客こそ大切にするべきだと思うのですが、残念ながら現在のところ

同じキャリアで長期契約していても非常にメリットが薄い

と言わざるを得ません。

各キャリアで、スマホ利用料金が月々5,500円の人が基本的なプランを使っている場合の、4年継続して使用した場合と16年継続して使用した場合にもらえるポイント類の総計と、2年ごとに乗り換えor新規契約で2万円のキャッシュバックをもらい続けた場合のシミュレーションを載せてみます。

スマホ利用料金 月々5,500円の場合
4年総計
ソフトバンク長期継続特典
au STAR特典
ずっとドコモ特典
2年ごとに2万円キャッシュバック
3,660円相当のPayPayボーナス7,800円相当のポイント+ギフト券7,500円相当のdポイント4万円の現金キャッシュバック
16年総計
ソフトバンク長期継続特典
au STAR特典
ずっとドコモ特典
2年ごとに2万円キャッシュバック
35,740円相当のPayPayボーナス52,800円相当のポイント+ギフト券45,500円相当のdポイント16万円の現金キャッシュバック

このように、各キャリアの長期継続特典と2年ごとに2万円のキャッシュバックでは

4年でも3万円以上、16年だと10万円以上の差がつくことになります。

(また、使用制限のあるポイントよりも現金の方が汎用性が高いことも言うまでもないでしょう。)

 

正直弱い「長期継続特典」

上記のポイントの内訳を紹介しておきます。

 

ソフトバンクでは、「長期継続特典」として、データ定額を継続して契約しているユーザーに、2年ごと、もしくは契約更新ごとに

初回3,000ポイント、2回目以降1,000ポイントのPayPayボーナスがもらえる
(PayPayアプリ必須、無い場合は2年ごと、もしくは契約更新ごとに1,000円相当の通信料割引き)

という特典と、

契約年数と利用料金に応じて毎月もらえるPayPayボーナス または 通信料割引き

という特典があります。

 

auは「au STAR特典」として、2年契約を更新するごとに

「au WALLET Market powered by LUXA」「au STAR会員専用のポイント交換サイト」で利用可能なギフト券3,000円分をプレゼント

という特典と、

契約年数と利用料金に応じて毎月もらえるWALLET ポイント

という特典があります。

 

ドコモは「更新ありがとうポイント」として2年契約を更新するごとに

3,000ポイントのdポイントがもらえる

という特典と、

「ずっとドコモ特典」として、「ギガホ」、「ギガライト」、「ケータイプラン」を継続しているユーザーに、契約年数か直近6ヶ月の獲得dポイントに応じて毎年誕生月にもらえるdポイント

という特典があります。

継続でもらえるポイント

各キャリアの長期契約特典は通信料の大きさなどによって変化するのですが、ここではざっくりとスマホ利用料金が月々5,500円の人が基本的なプランを使っているとしてシミュレートしてみます。

*利用料金……基本料、ウェブ使用料、データ定額料のこと。各種オプション、従量通話料、端末料金は含まない
継続年数
ソフトバンク長期継続特典
(PayPayボーナス)
au STAR特典
(WALLETポイント)
ずっとドコモ特典
(dポイント)
4年目未満3年目から月々55pt
(1年で660pt)
月々50pt
(1年で600pt)
1年で500pt
4年目から月々55pt
(1年で660pt)
月々100pt
(1年で1,200pt)
1年で1,000pt
5年目から月々110pt
(1年で1,320pt)
月々100pt
(1年で1,200pt)
1年で1,000pt
7年目から月々165pt
(1年で1,980pt)
月々150pt
(1年で1,800pt)
1年で1,000pt
8年目から月々165pt
(1年で1,980pt)
月々150pt
(1年で1,800pt)
1年で1,500pt
10年目から月々165pt
(1年で1,980pt)
月々200pt
(1年で2,400pt)
1年で2,000pt
11年目から月々220pt
(1年で2,640pt)
月々200pt
(1年で2,400pt)
1年で2,000pt
13年目から月々220pt
(1年で2,640pt)
月々300pt
(1年で3,600pt)
1年で2,000pt
15年目から月々275pt
(1年で3,300pt)
月々300pt
(1年で3,600pt)
1年で3,000pt
16年目から月々275pt
(1年で3,300pt)
月々400pt
(1年で4,800pt)
1年で3,000pt

 

更新時にもらえるポイント

ソフトバンク
au
ドコモ
PayPayボーナス
初回3,000pt
2回目以降1,000pt
auのストアで使える
ギフト券3,000円分
dポイント3,000pt

 

ソフトバンクは更新時ボーナスが減っていくことでも、長期ユーザーに手厚くない姿勢が現れていますし、auも総務省の研究会への提出資料の中で、ソフトバンク、ドコモの長期継続特典キャンペーンを批判するようなスタンスで

「利用者による事業者選択を検討するにあたり、

例えば、利用年数に応じて10年以上・15年以上で
・ 『自動的に料金割引』
・ 『ポイント進呈される割引サービス』は、

拘束性の強い縛りとなっていないか?」

――総務省「モバイル市場の競争環境に関する研究会(第3回)」KDDI株式会社提出資料

と述べています。

「長期ユーザーを優遇するのは自社に拘束する囲い込みになっちゃって良くないじゃん?」

ということですね。

と言いつつauもやっているんですが……。

 

長期ユーザーを優遇しないことの正当化と他社批判のためと見れますが、競争促進という要望からすれば一理あるとも言えます。

 

長期ユーザー保護は見方を変えれば「拘束している」とも取られ、それよりも競争促進が求められている……

となると、今後も長期契約者のメリットが増えることは考えにくいと予想されます。

 

つまりユーザーとしてはタイミングを見て乗り換えを行う方がメリットがある状況は変わらない、ということですね。

 

ソフトバンクにMNP乗り換えするお得なタイミング3選

MNP乗り換えのお得なタイミング
乗り換えに適したタイミングですが、大きなポイントは3点。

・年末、年度末など増額CP時
・機種代値下げ狙いは新型モデル発売後
・違約金のかからない更新月

年末、年度末など増額キャンペーン時

乗り換え需要が増え、代理店も決算のために契約数を伸ばしたい年末・年度末(12月、3月)などには増額キャンペーンが打たれることが多くあります。

1月からは例年学割プランも受け付けているので、25歳以下の使用者がいる場合にはますますお得になることも。

→現在開催中のキャンペーン情報

 

機種代値引きの狙い目は新型モデル発売後

キャッシュバックや値引きが付くのは型落ちのモデルだけなのでは? と思う方もいるようなのですが、むしろソフトバンクが積極的に販売台数シェアを獲得したい、人気機種・最新機種に多く付く傾向があります。

そのため、iPhone やXperiaといった人気モデルの新機種もしっかりキャッシュバックを貰うことが可能です。

 

一方、2019年10月から回線乗り換えに伴う機種代の値引きは2万円を上限とするルールが定められたため、以前あったような「機種代一括0円」といったキャンペーンは難しいでしょう。

またiPhoneに関しては、新モデルが発売された後(例年通りなら9月ころ)にキャンペーンや、旧モデルの値下げが行われることがあります。

Androidは5月や7月に新モデルが発売される傾向があります。

 

以前は違約金のかからない更新月が良かったが、現行プランでは考えなくてOK

以前は2年契約が終わるごとに2ヶ月だけある、解約違約金のかからない更新月に乗り換えるのが最もお得と言えたのですが、2019年9月以降、違約金は最大1,000円(ソフトバンクは無料)になったため、この要素は余り考える必要がなくなりました。

2年縛りの功罪
ソフトバンクが2年縛り、4年縛りを廃止へ。改変によるメリットとデメリットを解説

ソフトバンクが携帯電話新規契約者の「2年縛り」を9月中旬に、グループ会社のY!モバイルも9月下旬以降に撤廃する方針だ ――というニュースが入ってきました。 ソフトバンク、携帯契約「2年縛り」廃止 9月 ...

機種代の残債が残っている場合は支払いの必要アリ

MNP乗り換えをする際、乗り換え前のキャリアで使用中のスマホに機種代のローン(割符契約)が残っている場合には、機種代残金を一括で支払うか、機種代のみローンで支払い続けるかして、残金を元のキャリアに払わなければなりません。

例:機種代48回払いで契約し、25ヶ月目にMNP乗り換えする場合、機種代の残債(約半額)を支払う必要がある。

機種代の残債がいくら残っているかは、キャリアのマイページやキャリアショップ、電話窓口で確認することができます。

 

機種代の残債が残っていても、下取りに出すことは可能

機種代の残債が残っている場合も、下取りプログラムに出して乗り換え後の割引に使うことができます。

残債が残っていてもある程度この割引で相殺することができるでしょう。
(注:auのアップグレードプログラムDXなど、旧機種を返さなければいけないプランの場合は下取りに使えません。)

割引額は機種によって変わるので、乗り換え代理店に見積もり依頼をする際に下取りに出す機種とキャリアを伝えておくといいでしょう。

例:「ドコモのiPhone7 32GB を下取りに出した場合の試算もお願いします」

割引に納得できなければ下取りは出さないことにしても問題ありません。

スマホの中古買取に売って現金化する、という方法もありますが、中古として売る場合は箱や説明書などの付属品が揃っているかいないかでかなり金額が変わってしまいます。

揃っていない場合は下取りプログラムの方がメリットが大きいケースが多いです。

 

各乗り換えショップの特徴詳細

ここでは各乗り換えショップ(キャリアショップ、量販店、併売店、Web代理店)ごとの特徴と、メリット・デメリットについてより詳しく解説します。

 

キャリアショップ(含直営店)|安心感はあるが、待ち時間長くメリットはほぼない

説明の必要もないかも知れませんが、駅前などにあるキャリアショップ、

あるいはネットで受け付けている公式のオンラインショップ(ソフトバンクオンラインショップです。

ちなみに、キャリアショップというとソフトバンクの直営店、というイメージがあるかもしれませんが、直営店はその中のごく一部で、ほとんどは代理店です。

(これ以外の、量販店、併売店、Web代理店らもすべて代理店です。ソフトバンクオンラインショップは直営。)

 

公式なショップなので安心感がありますし、外部の提携サービスを薦められることもありますが、必要条件ではありません。

実店舗のショップであれば実機に触れて選ぶこともでき、豊富なカタログチラシも置いています。

また新型iPhoneをどうしても確実に予約したい、というような場合には公式ショップでの予約が一番確実でしょう。

→ソフトバンクオンラインショップ

難点は、実店舗の場合は待たされる時間が長い傾向があること、

そして、公式のキャンペーン以外の値引きやキャッシュバックはほぼつかない、というところです。

回線契約を行うのであれば公式のキャンペーンは他のどのショップで乗り換えても適用されますし

改造や中古のスマホでない限り、修理などのアフターサービスは他のどのショップで乗り換えても近隣のキャリアショップで受け付けてくれますので

キャッシュバックやアフターケアなどの条件面で見た場合は選ぶメリットがない……と言っていいでしょう。

“電気通信事業者協会(TCA)の調査によると、携帯大手3社の販売店における待ち時間・手続き時間は、待ち時間に10~40分、提案や説明、手続きに60~70分、設定作業に20~30分の合計90~140分かかっている。”

 

量販店|豊富な実機に触れられる。キャッシュバックはお店のポイント還元が多い

ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ビックカメラなどの家電量販店です。

他のキャリア含め、豊富な実機に触れてみられるのがいいところです。

一方、店員さんがぴったり声がけしてきたり、タブレットと抱き合わせのプランを薦められたりすることも多く、人によってはゆっくり検討しづらく感じるかもしれません。

 

キャッシュバックは付かないことも多くなってきており、付く場合もその店舗のポイントや電子マネーで還元されるケースが大半です。

 

併売店|高額キャッシュバックも、外部コンテンツなどの条件に注意

テルル、モバワン、カメラのキタムラなど、いわゆる街の携帯ショップです。

以前は好条件の特典がつくことも多かったのですが、総務省の規制でかなり縮小。カメラのキタムラの大量閉店はその影響も大きいと言われています。

 

総務省規制の2万円以上のキャッシュバックを提示している店舗は、「有コン20」(有料の外部コンテンツを20個入れることが条件)「4台同時乗り換え限定」など条件がついていることが一般的です。

悪質なケースですと電話では教えてもらえず、店舗でいざ乗り換えの段になって「月額8,000円の外部コンテンツに3ヶ月以上加入が条件」などと知らされることもあります。

キャッシュバック要件期間を過ぎたら不要な有料コンテンツをしっかり解除していけば、条件が最良になる可能性はあります。が、煩雑さは否めません……。

 

また、こちらも現金キャッシュバックではなく、Tポイントや商品券で還元されることも少なくありません。

 

Web代理店|高額キャッシュバックで条件もゆるめ。実機に触れられないことがネック

上でも説明している、乗り換え手続きができるオンラインショップです。

テナント代や人件費を押さえられる分、キャッシュバック額が高くなる傾向にあります。

その代り、実機を触ってみれないことがネックです。
併売店とは逆に、外部コンテンツに加入する必要がない方が一般的で、キャッシュバックも現金振込が主流

(このページでは外部コンテンツ不要、現金キャッシュバックのWeb代理店のみご紹介しています。)

店舗に行く必要がなく、待たされる時間がないことも、仕事や子育て、介護などで忙しい人には嬉しいポイントです。

 

また、店舗でMNP乗り換え手続きをする場合は原則として契約者本人が手続きをする必要があります。

ドコモのみ代理人(契約者の家族のみ)の手続きも受け付けていますが、委任状その他手続きが煩雑になります。

Web代理店であれば自宅で手続きできるため、忙しくて店舗に行けない人や、健康上の問題で店舗に行くことが難しい人も乗り換えることができます。

 

 

LINEはどうなる?MNP乗り換えのデメリットとは

乗り換えキャッシュバックが付いたり、一括0円、ないし機種代値引きなど、MNP乗り換えには様々なメリットがあります。

では、デメリットはないのでしょうか?

 

ここではMNP乗り換えのデメリットについて解説していきます。

MNP乗り換えのデメリットとは

1.連絡先やLINEの引継ぎが必要になる

これらは機種変更でも同じですが、電話帳など、連絡先を移行する必要があります。

電話帳などに関しては、現在は赤外線で瞬時に送れるスマホも多くなっています。

それができない場合は、SDカードに保存して移行する、Googleアカウントを経由するなどの方法があります。

 

代理店に移行方法を聞いてもいいですし、ソフトバンクショップで相談することもできます。

※乗り換え自体はWeb代理店で手続きして、相談は近場のソフトバンクショップにするのも問題ありません。

 

LINEに関しては、準備をしておけばMNP乗り換えをしてもLINEアカウントは問題なく引き継げます(友だち、グループ、購入済スタンプなども)。

また、iPhone同士、またはAndroidスマホ同士の乗り換えであれば、トーク履歴も移行することが可能です。

 

ただし、iPhone から Androidスマホ(またはその逆)の乗り換えの場合は、アカウントは引き継げますがトーク履歴、LINEコイン残高などは引き継げません。

LINE引き継ぎの手順、注意点についてはこちらの記事(「スマホを乗り換える際のLINEの引き継ぎ方法」)に書いています。

LINE引き継ぎ記事サムネイル
スマホを乗り換える際のLINEの引き継ぎ方法

MNP乗り換えをした場合、LINEアカウントやフレンドリスト、トーク履歴などは引き継げるのか? キャリア乗り換えの際に気になるポイントの一つだと思います。   結論から言いますと、LINEア ...

続きを見る

2.更新月以外は違約金がかかる

スマホ乗り換えのわかりやすいデメリットがこれでしたが、2019年10月からの新ルールで違約金は上限1,000円までと定められました。(それ以前は9,500円かかっていました。)

また、時期に関係なく、転出と転入の手続きに合わせて5,000円ほどの事務手数料がかかります。

ざっくりまとめると、

・違約金がかからない時期の乗り換えには5~6,000円

・違約金がかかる時期の乗り換えは+0~1,000円されて、計5~7,000円

の諸費用がかかることになります。
キャッシュバックや割引、乗り換え後の月額が安くなるなどでこの諸費用を上回るメリットがなければ、わざわざMNP乗り換えをする価値がありません。

違約金の内訳や契約更新月の確認方法に関しては後述します。

 

3.家族シェアパックなどに影響が出る

家族間通話に関しては、現在はどのキャリアにかけても無料になる(無制限 or 5分以内)プランが主流かと思いますので、家族とキャリアが変わってもそう影響はないでしょう。

LINEで連絡、という方も多いでしょうし。

ただ、家族でパケットを分け合えるようなプランに加入している場合、家族とキャリアが変わるとそのプランを使えなくなります。

 

一方、MNP乗り換えは同時に複数台乗り換えるとキャッシュバック額がアップすることも多い(2台以上同時乗り換えなら1台増えるごとに、全員5,000円アップするなど)ですし、永年続く「みんな家族割+」が適用されたりしますので(この割引はかなり大きいです)、可能であればご夫婦や家族みんなで一緒に乗り換えてるのも得策です。

 

4.キャリアメールが使えなくなる

連絡手段がLINEやSNS、あるいはGmailやYahoo!メールなどのWebメールな人は問題ないのですが、各キャリアで提供しているキャリアメール(MMS)は、当然ながらキャリアが変わると使えなくなります。

メールで連絡を取る相手には、一斉送信などで新しいメールアドレスを伝える必要があります。

 

個人的には、今後もキャリア変更の可能性がありますので、新しいキャリアメールアドレスを伝えるよりは、Gmailなど無料で取得できるWebメールにしてしまうのがオススメです。

Webメールならキャリアが変わっても、PCやタブレットなど別の端末でも、問題なくチェックできるようになります。

万一スマホを水没させたり紛失したりした際にも大切なメールに別の端末でアクセスできるのも保険として心強いですよ。

 

乗り換え時の違約金&事務手数料負担まとめ

解約違約金はいくらかかる?
前述しましたが、MNP転出する際、乗り換え元のキャリアに違約金(契約解除料)は必要なのでしょうか? 払うならいくらかかるのでしょうか?

転出の手続きとかかる費用についてまとめてみました。

※2019年10月1日からの新プランでは違約金(契約解除金)は原則1,000円以下となりました。旧プラン契約中の方は違約金がかかりますが、新プランに無料で移行することで違約金を安くすることができます。

 

乗り換えにかかる手数料は5,000円~7,000円ほど

現在のキャリア(携帯電話会社)から転出するための手数料、ソフトバンクに新規契約するための手数料として

MNP転出手数料

2,000円~3,000(税抜)

新規契約手数料

3,000円(税抜)

がかかってきます。

 

各キャリアのMNP予約番号取得方法

MNP(電話番号そのまま)乗り換えを行なうためには、現在のキャリアで「MNP予約番号」というものを取得し、転出先のキャリア(代理店)に伝えばければなりません。

各キャリアのMNP予約番号取得方法をまとめてみました。

※「MNP予約番号」を取得したからといって、必ず転出しなければいけないとか、auとの契約が切れてしまう、といったことはありません。(ショップで特別に「切断型MNP」を希望した場合を除く)
有効期限(予約当日を含め15日間)まで放っておけば変わらずに使い続けられますし、手数料もかかりません。
有効期限が切れたあと再度「MNP予約番号」を取得するのも問題ありません。
心配せずに取得してしまいましょう。

auのMNP予約番号の取得方法

auの場合、スマホだと乗り換えに必要になるMNP予約番号はこの「auお客様サポート」からは入手できません。

(ガラケーの場合は「Ezボタン」
>「トップメニューまたはauポータルトップ」
>「My au」
>「申し込む/変更する」
>「au 携帯電話番号ポータビリティー (MNP)」と進むことで入手できます。[受付時間] 9:00~21:30)

 

au MNP予約受付窓口(無料)…「0077-75470」に電話することでもMNP予約番号を聞くことができます。[受付時間] 9:00-20:00

もちろん、auショップでも聞くことができます。(運転免許証・保険証など、本人様確認書類をお持ちください)

ただ、重要事項説明や引き止めなどの説明はあるかもしれません。

 

ドコモのMNP予約番号の取得方法

ちなみに、乗り換えに必要になるMNP予約番号も同じくこの「my docomo」や問い合わせ電話、ドコモショップで入手することができます。

同じく「my docomo」の「ご契約内容確認・変更」を選択し、3ページ目の「携帯電話番号ポータビリティ予約」の「申込」を選択
>「解約お手続き」を選択
>同意事項のチェック、受付確認メールを受け取るアドレスを選択
>「お手続きを完了する」を選択。

 

これで「MNP予約番号」と「有効期限」が表示されますので、メモに取る、スクリーンショットをとるなどして控えておいてください。

 

Y!モバイルのMNP予約番号の取得方法

Y!モバイルの場合、MNP予約番号は電話でしか取得できません。

Y!モバイル各種お手続き(無料)…Y!モバイルの携帯から局番無しの「116」、または一般電話から「0120-921-156」でMNP予約番号を聞くことができます。[受付時間] 9:00-20:00

音声ガイダンスに沿って、解約・MNP→MNP予約番号照会を選んでいってください。

もしも「お客さまの機種ではMNP予約番号を発行できません。」と言われた場合は、総合窓口の「151」(または0570-039-151、通話料有料)でお聞きください。

ワイモバイルショップでは受付しなくなった?との情報があります。(なぜ……)

 

UQモバイルのMNP予約番号の取得方法

UQモバイルの場合、MNP予約番号は電話でしか取得できません。

UQお客さまセンター(無料)…「0120-929-818」でMNP予約番号を聞くことができます。[受付時間] 9:00~21:00

 

楽天モバイルのMNP予約番号の取得方法

PC・スマホから「メンバーズステーション」にアクセスし、ログインします。
複数回線契約している場合は、解約する回線を選択します。

 

右上の三本線(メニュー)>
「登録情報・設定変更」>
「MNP予約番号発行・確認」を選択。

 

契約解除手数料が発生する場合はここで注意が出ます。これは親切ですね。

ただし、すぐには「MNP予約番号」が表示されず、発行までに2~3日かかるようです。

2~3日後再びログインして確認し、メモに取る、スクリーンショットをとるなどして控えておいてください。

 

mineoのMNP予約番号の取得方法

PC・スマホから「企業管理ページ」にアクセスし、[mineo登録証]に記載されている「企業管理ID」「パスワード」を入力してログインします。

複数回線契約している場合は、解約する回線を選択します。
「MNP予約番号取得」を選択
>同意して「予約番号取得」を選択。

 

これで「MNP予約番号」と「有効期限」が表示されますので、メモに取る、スクリーンショットをとるなどして控えておいてください。

ドコモプラン(Dプラン)の場合はSIMカードを返却する必要があります。(送料が別途かかります)

 

MNP乗り換え手続きに必要なもの

MNP転入手続きの際には、以下のものが必要になります。

・本人確認書類いずれか一点(運転免許証/日本国パスポート/マイナンバーカード(顔写真の記載されているもの))

※健康保険証でも契約できますが、公共料金の領収書か住民票の写しなどの補助書類が必要になります。

・支払いに使用する本人名義のクレジットカード、またはキャッシュカード

※クレジットカード払いでなく口座振替を選択し、使用金融機関がPay-easy(ペイジー)に対応していない場合、金融機関届出印が必要。

※契約者以外の代理人が手続きする場合、委任状も必要。

・MNP予約番号

・申し込み印(サインでも可)

 

意外に簡単、MNP乗り換え手続きの手順

MNP乗り換えの手順
キャリア(携帯電話会社)を乗り換える手続きをまとめました。

実際のところ、現在のキャリアで機種変更するのと大差ありません。

別に準備するのは

・支払いをするクレジットカードかキャッシュカードを用意する

・MNP予約番号を取る(無料)

・切り替え番号に電話を一本入れる

の3点くらいです。

・現在のキャリアでMNP予約番号を取得。(上記参照)

・乗り換えショップで新しいスマホと契約プランを選び、契約書類を作成。
(運転免許証、パスポート、保険証などの本人確認書類が必要)※

・新しいスマホを手にしたら、指定された切り替え電話番号に電話を入れる。

・電話番号は新しいスマホに切り替わり、古い携帯の電話機能は自動的に停止。
(乗り換え前のキャリアへの連絡などは不要)

※おとくケータイ.netの場合は契約書類も本人確認書類もネット上のフォームで完結できます。

 

遠からずキャッシュバックが全面禁止になってしまう可能性も充分あります。

上限2万円に制限されましたが、同じキャリアを継続利用するよりもキャッシュバックを利用した方がお得になるのは確実ですので、制度があるうちに是非活用していきましょう。

 

まずは今すぐ一度見積もりを聞いてみて、現在のスマホ代よりお得になるか確認してみてはいかがでしょうか。

 

【2019年12月7日更新】ソフトバンクへの乗り換えキャンペーン情報

特別キャンペーン実施中! Web代理店で現在開催中の耳よりキャンペーン情報 【乗り換え・新規問わず! 全機種 2万円キャッシュバック】 ※Web代理店大手、おとくケータイ.netとスマホ乗り換え.co ...

Copyright© ソフトバンクに乗り換えて安全にキャッシュバックを貰う方法―ソフ安 , 2019 All Rights Reserved.