MNP関連

MNP乗り換えするなら大手キャリア?SIMフリースマホ?

投稿日:

MNPは、現在でもまだ有名な仕組みとは言えないでしょう。

ですが、MNPの事を認識しているのといないのでは、状況によって10万円以上損をしてしまうこともあり得ます。

 

MNPとは、番号は以前のままで、新しい携帯電話会社に乗り換え、その会社の携帯電話を新たに購入することを指します。

分かりやすくいうと、電話番号はそのままで、ドコモやauからソフトバンクに変更することが可能になったというわけです。

大手キャリア同士だけでなく、いわゆる格安スマホ、SIMフリースマホに番号そのままで乗り換えることも可能です。

SIMフリースマホの場合も、「LINE」は言うまでもなく、たくさんのアプリがちゃんと使用できるのです。LINEの象徴的な機能である無料通話又はチャットやトークも自由に使えます。

ただし、格安SIMのみを契約して、「白ロム」をご自身で入手して使うのは、慣れている人であれば問題ないのですが、慣れていないと若干ハードルが高いのも事実です。

慣れていない方が格安スマホを使うのであれば、Y!mobileやUQmobileのように、格安SIMと抱き合わせて販売している格安スマホの方がおすすめです。

ただやはり、大手キャリアと比べて日中ネットに繋がりにくい、速度が遅いなどの問題点も存在するため、今まで使っていた大手キャリアのスマホに比べるとストレスを感じてしまう可能性は高いといえます。

格安SIMのみを契約して使うのであればかなり安く抑えることもできるのですが、抱き合わせて販売している格安スマホを使う場合結局月額3,000円ほどはかかることが多く、それであれば、プランやキャンペーンによっては乗り換えキャッシュバックをもらってソフトバンクに乗り換える方が安くつく、ということも往々にしてあります。

(ドコモなどはキャッシュバックを出さなくなってきていますが、ソフトバンクは現在でも乗り換えキャッシュバックを多く出しているキャリアなので、乗り換え先としてメリットが大きいのです。)

価格帯が近い、もしくは少し高い程度であれば、正直大手キャリアに乗り換えた方が品質・サポートともストレスなく使えるとは思います。

ソフトバンクへの乗り換えキャンペーン情報はこちら

各携帯電話キャリアとも、他社で契約しているユーザーを乗り換えさせることを狙って、自社のユーザーの機種変更のケースと比べ、他社からMNPを活用して新たに契約してくれるユーザーを大切に考えており、各種のキャンペーンを企画しています。

長く契約しているユーザーが大切にされず新規獲得顧客が優遇されるビジネスモデルには問題があるともいえ、キャッシュバック廃止など是正の動きも出ていますが、2018年現在は正直なところ、まだ2年ごとにMNP乗り換えを使ってキャンペーンの恩恵を請ける方が消費者にとってはメリットがかなり大きい、というのが現実です。

やがて乗り換えキャッシュバックなどの顧客引き抜き合戦にストップがかかる可能性はありますが、消費者としてはそれまでは上手く立ち回り、携帯電話会社に搾取されない知恵を使いたいところです。

 

 

 

What's New

-MNP関連

Copyright© ソフトバンクに乗り換えて安全にキャッシュバックを貰う方法―ソフ安 , 2018 All Rights Reserved.