オプション・プラン ニュース

8つの動画、SNSが使い放題? ソフトバンクが新プランを発表。

更新日:

本日(2018年8月29日)、ソフトバンクは大手キャリアで初となる、8つの動画サービスやSNSが使い放題になる新プランを発表しました。

「ウルトラギガモンスター+」なら動画、SNSが「ノーカウント」

9月6日から受付を開始する新プラン「ウルトラギガモンスター+」は、月に50GB使える現在の「ウルトラギガモンスター」に加えて、

・YouTube
・AbemaTV
・TVer
・GYAO!
・Hulu
・LINE
・Instagram
・Facebook

の8つの動画およびSNSを使用する通信料金を「ギガノーカウント」としてカウントせず、使い放題にできるというプランです。
(あれ、Twitterは入っていないんですね。まああまりデータ量は食わないでしょうが……。)

もっとも、50GBあればデータ量上限が気になる、というヘビーユーザーはそれほど多くないのでは?という気もしますが……
動画も一切容量を気にせず見られるのは精神衛生上いいかもしれませんね。

月額1000円の割引が1年間続く「1年おトク割」をつけて、1年間は月5,480円の通信料で利用することができます。

 

iPhone狙い? 期間限定ですべてのデータ通信使い放題の「ギガ使い放題キャンペーン」も

さらに、「ウルトラギガモンスター+」の加入者には

「ギガ使い放題キャンペーン」

という新キャンペーンも適用されます。

これは2018年9月6日から2019年4月7日までの期間に限り、8つのサービスだけではなくすべてのメール、インターネット、アプリ通信などすべてのデータ通信が使い放題になるというもの。

ちょっとなにを言ってるのかわかりませんね。

 

これはおそらく今年も9月に発表されるのではないかと言われている新型iPhoneを購入するユーザーに、ソフトバンクを選んでもらおうという思惑なのではないでしょうか。

確かにすべてのデータ通信使い放題というのは思い切ったキャンペーンで、新型iPhoneユーザーには魅力的なプランと言えるでしょう。

※ソフトバンクの新型iPhoneへの乗り換えには、例年iPhoneの在庫を豊富に入荷する「 おとくケータイ.net 」での予約がおすすめ。
ソフ安アイキャッチ
ソフトバンクに乗り換えて安全にキャッシュバックを貰う方法―ソフ安

携帯電話会社の乗り換えキャッシュバック、家電量販店などでは付かなくなってきているため、もう実施していないと思っている方も少なくないようです。 確かに、ドコモは現在ほぼほぼ実施していませんし、auも減少 ...

 

格安スマホに対抗? ライトユーザー向け「ミニモンスター」も発表

「ウルトラギガモンスター+」「ギガ使い放題キャンペーン」は確かに気合の入ったプランですが、


「50GBなんてとても使わないよ、安いプランを充実させてよ」

というユーザーも少なくないでしょう。

 

普段、メールやLINE、天気やマップ、ウェブサイト閲覧、軽めのゲームアプリくらいがメイン、という人にとっては、1GBや2GBあれば十分だったりします。

しかし大手キャリアのライトユーザー向けプランは魅力的ではないため(1GBプランなどはありますが、その場合通話プランの方を上位プランにしなければいけない、割引が弱くなるなど、魅力の薄いものでした)Y!モバイルやUQモバイルなどのサブキャリア、格安スマホへの乗り換えを考える人もいます。

今回ソフトバンクが発表した「ミニモンスター」は、そうしたライトユーザーを狙った、通話料込みでも月額1,980円から使える4段階制定額プランです。

 

ミニモンスター料金

通話基本プラン(2年契約) 1,500円
ミニモンスター ~1GB ~2GB ~5GB ~50GB
2,480円 4,480円 5,980円 6,980円
1年おトク割 -1,000円(12ヶ月)
おうち割光セット -1,000円
合計 1,980円 3,980円 5,480円 6,480円

 

ただし、1年おトク割は名の通り1年間しか適用されませんので、2年目は1,000円料金が上がります。
(Y!mobileの「ワンキュッパ割」やUQモバイルの「イチキュッパ割」などとほぼ同じです。)

また、ソフトバンク光を導入しない方も少なくないでしょうから、その場合も1,000円料金が上がります。

その分、速度低下などを受けずにほぼ上限なしとも言える50GBまで使うことも可能で、50GBまで行っても6,980円というのは無茶な値段設定ではないので、使いすぎても膨大な請求が来ることはなく、1GBに抑えられた月はかなり安く抑えられるということで、比較的快適、かつ安全に節約できるプランと言えるのではないでしょうか。

 

逆にこのプラン、同社ブランドのY!mobileにかなり打撃を与えてしまうのではないか、と余計な心配をしてしまいます。

 

その他、通話かけ放題の「スマ放題」と5分まで通話かけ放題の「スマ放題ライト」は「定額オプション(月額1500円)」「準定額オプション(月額500円)」という名前に変わり、通話料30秒20円の「通話基本プラン(1,500円)」に追加して付けるオプションという位置づけになります。

一方、月々の端末料金を割り引く「月月割」は9月5日以降、順次終了していくとのことです。

 

背景には菅義偉官房長官の発言が影響か

今回の新プラン発表には、先日の菅義偉官房長官の「携帯料金は4割程度下げられる余地がある」という発言の影響があると考えられます。

au、ドコモはすでに月々の端末代金を割引きしない代わりに通信料金を値下げする施策をとっており、ソフトバンクもその流れにのる形となりました。

 

乗り換えキャッシュバックへの影響は?

料金が下がるのは非常に好ましいことですが、ソフトバンクの利益が減ることによって代理店への販売奨励金が下がり、乗り換えキャッシュバック額が減額される or 廃止される…といった展開も考えられます。

新プランのメリットと、キャッシュバックが減るデメリット、どちらがどう作用するか……ちょっと推移を見ないとわからないところですね。

「ウルトラギガモンスター+」、「ミニモンスター」を使いたい、新型iPhoneを購入するつもりの方は悩むことなく様子見決定ですが、

新プランをそれほど必要としていなくて現在購入したいスマホがすでにあり、乗り換えキャッシュバックをもらうつもりの方は、もしかしたら今のうちに乗り換えていた方がキャッシュバックが多く出る……かもしれません。

 

ただ、このあたりは本当にどうなるのかわからないので、判断が難しいところですね……。

 

【2018年最新!】ソフトバンクへの乗り換えキャンペーン情報

iPhoneXS、XRもPixel 3も70,000円キャッシュバック(現在増額中!) ミニモンスターならおとくケータイ.netがおすすめ(50,000円キャッシュバック) 新規契約ならスマホ乗り換え ...

What's New

-オプション・プラン, ニュース

Copyright© ソフトバンクに乗り換えて安全にキャッシュバックを貰う方法―ソフ安 , 2018 All Rights Reserved.