mnp

MNP乗り換えでSIMフリータブレットを賢く使おう

投稿日:

携帯キャリア同士は、販売数で抜きつ抜かれつを繰り返しています。

その為、それを伸ばすことを目的に、他社からMNPを使って乗り換え契約してくる人を特別に扱うことも少なくありません。

携帯電話会社の言いなりの契約システムは、今の時代にそぐわないという意見も少なくないようです。将来的にはMNP乗り換えが当たり前になると言って間違いありません。

格安SIMという選択肢もありますが、格安SIMを挿入することで使うことができる白ロムは、基本的にドコモとauのスマホないしはタブレットだけに限定されます。ソフトバンクの白ロムには対応していません。

ソフトバンクの白ロムを使用してみようとも、電波の状態が悪いままです。

 

また、格安SIMには場所や時間帯によってネットに繋がりにくい、回線速度がひどく重くなるといった問題もあるため、デメリットを良く理解して賢く使う必要があります。

逆に、使用感は今のままスマホの月額を抑えたい、という方には、乗り換えキャッシュバックを実施しているオンラインショップで他のキャリアへのMNP乗り換えを行う、という方法をおすすめしています。

2018年現在、もっともキャッシュバックがもらいやすいのはソフトバンクへの乗り換えです。

 

 

SIMフリータブレットであれば、Wi-Fiが届かない場所でも、フリーズせずに通信することができるはずです。バスに乗車中や電車に乗車中など、様々あるシーンでタブレットが快適に楽しめること請け合いです。

注目を集めているWi-Fiタブレット型PCとSIMフリータブレット型PCの差は、SIMカードが使用可か使用不可かなのですが、別の角度から見れば携帯電話通信回線を使えるか否かということになります。

格安SIMの一番の特長と言えば、やはり料金が安いということです。有名な大手3大通信企業と比較対照してみると、驚くほど料金がセーブされており、プランをチェックしてみると、月額1000円ほどのプランが存在しています。

2台以上で格安SIMを使用するつもりなら、1契約あたりのSIMカードの枚数をしっかりと確認しなければなりません。

容量の上限を複数のSIMカードで分けられるので、家族などと一緒での利用などにピッタリです。

海外に目を向けると、かねてからSIMフリー端末が常識的でしたが、日本においては周波数などに統一性がないとのことで、各キャリアがSIMにロックをかけることをして、そのキャリア向けのSIMカードを提供していたと聞いています。

一言でSIMフリータブレットがベストだと申し上げても、多様な種別があり、どれをチョイスしたらいいか判別するのも難しいのが実情です。そこで、当サイトではSIMフリータブレット選択の手順に関してもご紹介いたします。

-mnp

Copyright© ソフトバンクに乗り換えて安全にキャッシュバックを貰う方法 , 2018 All Rights Reserved.