mnp

乗り換えキャッシュバック合戦の背景事情

投稿日:

SIMフリータブレットには、3G専用機種とLTE対応機種の2つの仕様が用意されています。

通信速度を重視したいなら、高速SIMカードに適合するLTE対応機種が必要です。

 

SIMカードは、ETCカードみたいな役割をするものというと理解しやすいと思います。

高速自動車道などを下りるときに、キャッシュの支払いが要されないETCカードは、友人のクルマのETCでも使えますよね?

外寸や通信方式がフィットするなら、1枚のSIMカードを友人・知人などの端末で使ったり、1個の端末にて、様々なSIMカードを入れ替えながら、使いまわしたりすることも可能なのです。

 

今までは携帯会社で買い求めた端末や回線を利用する形で、携帯電話を使用していたのですが、少し前からMVNO事業者による価格競争で、格安スマホが一段の低価格になってきました。

大手キャリアで購入するスマホと比較してみると、SIMフリースマホはMVNOが制約されないことと、海外で使えるプリペイドSIMを挿入すれば、海外でも利用できるなど実用性が高い点がうけています。

データ通信量が少なかったり、音声通話もほとんどしないユーザーの場合、「格安SIMカード」を使った通信サービスに切り替えることで、通信料金がかなり安くなります。

SIMフリースマホだろうとも、「LINE」は言うまでもなく、市販のアプリが難なく使用できるようになっています。LINEで一番大切な機能である無料通話&チャットも何ら不都合はありません。

そのため、SIMフリースマホの人気は徐々に高まってきています。

 

何十社という企業が参入したことで、月額500円を下回るようなサービスが当たり前になるほど格安SIMの低価格化が進行しています。

SIMフリー端末を利用すれば、この低価格なプランを満足いくまで利用できるわけです。

平成25年の年末に、「iPhone 5s」のSIMフリー版が国内で発売開始され、SIMフリー市場の注目度が高まりました。

MNPが日本でも導入され、MVNO業者が増えたことで競争が加速され、携帯の契約会社を乗り換える件数が多くなりました。

このことがきっかけで価格競争に拍車がかかり、結果としてユーザーにとってもメリットが多くなったわけです。

 

大手キャリアも競争に勝つべく、資本力を活かして高額の乗り換えキャッシュバックを用意し、ユーザーを引き入れようとしました。

ただし、高額キャッシュバックでの引き抜き合いが加熱したことから、行き過ぎた乗り換えキャッシュバックは自重するよう、総務省からお達しが降りる事態になっています。

報道などで聞いて、もうキャッシュバック合戦は終結したと判断しているユーザーも増えているようです。

 

でも実は、オンラインショップを中心に乗り換えキャッシュバックを出す代理店は現在もあります。

どうせ乗り換えるのであれば、キャッシュバックがつくショップを利用した方が断然メリットが大きいですね。

-mnp

Copyright© ソフトバンクに乗り換えて安全にキャッシュバックを貰う方法 , 2018 All Rights Reserved.